起業家の必修スキル!『ブラインドタッチは必ず身につけてください!!』








起業家・中小企業の社長さんへ

まずブラインドタッチをできるようになってください。

これ以外とできない人が多いんです。

ブラインドタッチとは?

キーボードを見ずにパソコンに文字を打ち込むことです。

社長さんによっては家族の方や秘書に代わりに打ち込んでもらっている人がいます。

ブラインドタッチ

はっきり言ってこれができないと話にならないです。

とても生産性が悪いです。

人によっては指一本でよちよち打ち込んでいてとにかく遅いです。
今ではネットを活用することが重要な戦略とは誰もがわかっています。
ホームページ・ブログ・Facebook・ツイッター

文字媒体、書くことが一番の集客になります。

年配の方でできない方はわかります。

意外なことに若手経営者でも非常に多いです。

スマホに慣れている世代でブラインドタッチできない人が多いです。

しかしブラインドタッチは身につけてください。

本気になれば1週間で身につけることができます。

ブラインドタッチを身につけるには?
ネットでタイピング無料で検索すればいくらでもゲーム形式のブラインドタッチの勉強法が出てきます。

れをやればいいと思います。

でも書くこと発信していくべき情報など事業者であるならば山ほどあるはずです。

私もそうでしたが、とにかく自分の情報を発信すること。

仕事を通じて文字を打ち込むことで覚え込みました。

ブラインドタッチのために勉強するのは時間がもったいないので仕事で身につけることをお勧めします。

とにかく実践!!

OJTです。

ブラインドタッチを身につけようとするとはじめは苦痛です。

いままでのやり方より格段に遅くなります。

でもブラインドタッチから逃げないですください。

一度身につければ財産になります。

ブラインドタッチは多くの時間を手にすることができますし、タイピングが早くなるととても気持ちがいいので、いままでストレスを感じてことがなくなります。

そのため、集中力が落ちなくなります。

 

時間効率が格段に変わってきますので必須スキルと思って身につけてください。

あ、あと当たり前ですが、

ブラインドタッチできても指一本でやっていては話になりません。

指は左右合わせて10本使いこなしちゃんと小指まで使うように練習してくださいね。

 










面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。