冒険王EP2「I LOVE SAIPAN」

冒険記2

これはいつだったか初めて海外旅行にいった話です。

それまでなんとな〜く海外に行ってみたいと思いつつ、なかなか行動にまで移すことはできませんでした。

行動を移すきっかけになったのは、何気なくテレビを見ていた時、当時間寛平さんがアースマラソンを終え、サイパンでマラソン大会を開くといっていたのを見たのがきっかけでした。

アースマラソンをした間寛平に会いたいという願望と海外に行ってみたいという願望が一致したんです。

しかしアースマラソンの開催はテレビを見たその約2週間後、当時パスポートすら持っていなかったので、あわてて即行動に移すことに。

パスポートの発行には10日前後かかります。

パスポートの取り方すらよくわからなかったので、本当に旅行に間に合うかよくわかりませんでした。

旅行会社の手配とパスポートを取りに行くことを両立していたので、旅行会社の方からは間に合いますかね?

と不安がられました。

ようやくというか、パスポートが取れたのは飛行機で飛ぶ当日。

午前中にパスポートをとって、午後に出発するという弾丸スケジュールです。

 

とりあえず初の海外期待に胸を膨らませ、飛行機へ!

飛行機に乗るのは本当に幼少期以来だったのでもう興奮しまくりでした(⌒-⌒; )

ちょっとしたジェットコースターですよね!

無事到着!!

まさに一人旅だったのですが、ホテルまでバスが迎えに来てくれることに。

そこに日本人がたくさん乗ってきたので、これは友達とかできるかもしれない。

とワクワクしていました。

バスは各ホテルに送ってくれるみたいで、添乗員さんが次は「丸々ホテル」です。

とどんどん目的地へ向かって行きました。

自分と同じ滞在先で一緒になれる人たちがいると思っておりました。

なのですが、わたしが降りるホテル(一番遠いホテル)の前で全ての乗客が降りることに!!(⌒-⌒; )

あれ?

これって俺一人じゃね!?

淡い期待もむなしく一人よくわからないホテルへ到着!

夜だったので、すでに真っ暗でとりあえずそのまま宿泊することに。

それでも海外に来たことでテンションは上がっておりました。

次の日、起きてびっくり!

わたしの泊まったホテルはなぜかリゾートのアトラクションみたいなものがいっぱい付いておりました。

ホテル内にプールやビーチがあるのでそこだけで全てが完結してしまうばしょでした。

はっきり言ってノープランで何をして良いかもわからなかったので、そのホテル内でウロウロ、海がとっても綺麗だったことを覚えております。

海で泳いだり、適当なアトラクションを体験して過ごしました。

1日自転車を借りて、サイパンを回ったりもしました。

そんなこんなで日が経ちあっという間に帰国の日。

それなりにうろちょろしたもののほとんど誰ともコミュニケーションをすることなく日程を消化しました(⌒-⌒; )

というわけでそのまま飛行機で帰ってきました。

ちなみにこの旅で一番テンションが上がったのが、帰りの飛行機で日本人の老夫婦に話しかけてもらった時でした。

というような初海外旅でした。

ちなみに、肝心のサイパンマラソンなんですが、完全に申し込むのを忘れておりました(⌒-⌒; )

おいおい(⌒-⌒; )

 

お問い合わせ

ご興味を持っていただきありがとうございます。 お問い合せは、一番返信が早いのがFacebookになります。お気軽に直接メッセージください。 メールは[hodaka8866@gmail.com]までどうぞ。
冒険記2

面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

消防士になる人が読む本|只今無料キャンペーン実施中

防災王のサイトに書いてある内容をまとめました。

これでいつでも消防業務のマニアックな情報が学べます!!

12月29日まで無料ですのでお見逃しなく!!

電子書籍作家デビューしました。現在11冊出版!!

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

ブログを書いているうちに、電子書籍まで出せるようになりました。

当ブログでも人気の『消防』関連の電子書籍も出版しております。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者であれば「無料」で読めますので、よかったらチェックしてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。