目指すは月間3万PV|今が一番楽しい時!これからはファン作りの仕組み化が大切かもしれない。

目指すは月間3万PV|今が一番楽しい時!これからはファン作りの仕組み化が大切かもしれない。


どうも防災王の吉武穂高です。

おかげさまでブログを見に来てくれる人も順調に増えてきました。

8月は19000PVで、ブロガーとしてはまだまだ大したレベルではないのですが、それでも毎月順調に見に来てくれる人は増えてきています。

またホームページ経由で仕事のご依頼をいただいたり、

広告収入も一般的に言われている「インターネットビジネスで月に5000円以上稼いでいる人は全体の5%もいない」

と呼ばれる壁も突破しました。

以前の記事でも書きましたが、7月中旬〜8月はブログを書いていないにもかかわらずPV数はどんどん伸びている状態です。

少しずつですが、口コミでもこのサイトが広がってくれているのかもしれません。

とりあえずの目標は3万PVということでどうしたらPVが伸びるのかちょっと考えてみました。

月間3万PVを達成するには、1日のPVを1000PV以上にしなければいけません。

ちょうどこの記事を書く前日に1050PVと始めて1日のPV数が1000を突破したので、もしかしたら今月中に3万PV達成するかもしれません。

(先月の月間アベレージが大体600〜700PVくらいでした。)

分解してみると、月間3万PVを達成するには、毎日10PV見てくれる記事を100記事書けば達成できてしまう計算になります。

現在防災王のサイトには約300記事ほどありますが、

よく読まれる

どうしてもロープ登はんができない方へ|ロープ登りのコツと必要な筋トレ方法をまとめました。

半年間に渡る厳しい消防学校の訓練を日本一詳しくまとめてみた。【保存版】

なんかの記事は1日100PVから多くて200PVを超えることがあります。

ということはこの1記事だけで月間3000PVは稼いでいてくることになります。

逆に300記事ある中で全く読まれてない記事もあるわけです。

3万PVを達成するには1記事あたりのPVにこだわる必要もあり、最低でも1日10PVくらいは読んでくれる記事を書くべきなのかなと思っています。

上記にあげた人気記事は、グーグルの検索でも一番上に出てくるビッグワードで勝ち取った人気記事ではありますが、人気記事からその他の記事にいかに誘導するかもたいせつかもしれません。

よく見られる記事もあれば、現在は見られてないけど、以外と面白い今は埋もれている記事もけっこうあります。(と思いたいです。)

PV数が増えると必然的に、何度もサイトを見に来てくれる確率が上がります。

そのため、今までは見てくれなかった記事もふとしたきっかけで見てくれて、今までは特定のキーワードでたまたま行き着いただけから、「なんかこのサイトに書いてあること面白いな。」と思ってもらう必要があるのかもしれません。

ある意味ファン作りなのかもしれませんが、私これからの課題はいかにして

「防災王」のホームページにファンを作っていく仕組みを考えて行動していくことなのかなと思っております。

月間1万PVを達成した人がその後、2次曲線的に10万PVを達成したりすることも珍しくないので、今この段階でサイト全体の方向性や仕組み作りに力を入れるべき時なのかなと。

とりあえず今できることは記事を書き続けること。

今このサイトに来てくれる方のほとんどは

「消防士」「筋トレ系」「採用試験」などからたどり着く方がほとんどなのですが、

その中で、どんな記事が読まれどういう動きをしてくれているのか分析していくべき時かもしれません。

また上記の人気記事から新しく人気を得られるようなジャンルを立ち上げることも面白いかもしれませんね。

個人的には

「起業家向けの便利屋マニュアル」

「地域活性に役たつイベントプロデュースの仕方」

なんかを電子書籍などのマニュアルにして防災王のブランディングやサイト自体の収益化に繋げたいと思っています。

まとめ

このブログ分析の記事は特に思いつくまま書きなぐってしまいますので、相変わらずまとまりがない感じになってしまいましたが、今このサイトが上り坂でPV数が伸びている状態なので、ある意味一番面白い時期かもしれません。

ブログがここまで継続できたのも、読んでくれる読者が増えたのも、私自身が楽しかったからなので、これからも楽しく行きたいと思います。




目指すは月間3万PV|今が一番楽しい時!これからはファン作りの仕組み化が大切かもしれない。

面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。