「アトピーや腰痛・喘息などでお悩みの方は絶対聴いてください!」病は気から!心と脳・顕在意識と潜在意識の仕組みと慢性病の関係について 斎藤一人さんのお話


アトピーや腰痛・喘息などでお悩みの方はぜひ見てください。

何度かアトピーと心と脳関係についての記事を書きました。

特にアトピーは心と脳が深く関係している趣旨の内容(アトピー体質改善記「アトピーと心と脳の関係について」)をご紹介しました。

銀座まるかんの「斎藤一人」さんのお話でずばりこれだ!というお話がありますのでシェアいたします。

アトピーや腰痛・喘息などでお悩みの方はぜひこの動画を見てください。

これを知っているかどうかで大きく変わります。

病は氣から

人は弱気になると病気になる。

強気になると病気は回復する。
病は気からと言う。

昔胃潰瘍がはやったことがある。

しかし、今ではだいぶ減りました。

それはなぜか?

胃潰瘍がストレスからくることがわかったから。

胃潰瘍が減ったら今度は腰痛が増えた。

腰痛の原因は骨が曲がってたり、

しかし矛盾が生じる。

不思議なことに、今日は腰の調子がいいとか。

しかし骨が曲がってるはずなのになんで日によって調子が変わるのか?

アメリカの調査データで出たんですが、腰が痛い人も痛くない人も同じように骨は曲がっているとのこと。
ということは腰が痛いことと 骨が曲がっていることと実は関係ないかもしれない。

関係ありそうだからと思い込んでないか?

人間には顕在意識と潜在意識がある。

子供の頃親に怒られたとか、

怒りがあっても抑えるように育ってしまった。

では怒りを出せないときはどうするのか?

ストレスがでたら痛みとして出すようにした。

潜在意識

人間には顕在意識と潜在意識があります。

人は子どもの頃から感情を抑えようと育ち、

脳は自分を守るために痛みを出すようになった。

対処法

これは脳がやっていることだと気がつくことが第一歩になる。

そして脳に命令すること。

脳はストレスを痛みで発散する作用

花粉症であれば、

病は氣から

マイナス思考が出ると人はアトピーや花粉症、喘息などの形で出す。

ストレスを紛らわすために

今あなたがどこが悪くても

人の体は不思議なもので、明日学校や会社に行きたくないと思い込めば熱や病気になるもの。

脳が病気に味方にしてしまうと一生慢性病で苦しむことになる。

脳はあくまで道具です。

人の主役は真我

脳はあくまで道具です。

そして脳は怠け者。

人は脳を道具として扱えるかどうかが鍵

ほとんどの人が自分の脳に支配されてしまっている。

脳はストレスを感じると自立神経が圧迫され、その部分に痛みや症状が出る。

それがアトピー・花粉症・腰痛などの歪み・症状となって現れる。

脳のメカニズムを心の関係性を知ることであなたの人生は好転できる。

深海と同じ

深海では物凄い圧力がかかる。

潜水艦などはその圧に耐えられるように内側から圧をかけている。

社会人と大学生

大学生までは良かった。

しかし大学から社会に出た時に大きなプレッシャーがかかる。

その圧のギャップに耐えられない。

社会人になってからも同じ。

役職や立場、職業が変わればそれだけ違う圧力がかかる。

大切なことは自らの圧に耐える強さが必要になる。


アトピーと腰痛の記事はこちら

アトピー体質改善記「心と身体の宿便を排泄せよ!腸内環境を整えるべきコツとメリット」

アトピー体質改善記「アトピーと心と脳の関係について」

神秘体験!?辛い腰痛が気功治療で劇的に改善した話!!〜前編〜

神秘体験!?辛い腰痛が気功治療で劇的に改善した本当にあった不思議な話!!〜中編〜



 



面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

【因みに…】

今日もブログを呼んで頂いて有難うございました!

私は消防士として社会人デビューをしましたが、30歳を機に退職しました。

今ではドローンを専門にした起業家として活動をしてます。

空いた時間には趣味のプラモデルをガッツリ楽しむなど好き勝手やってます笑。

とはいうものの起業当初はすぐに上手くいったわけではありませんでした。

起業家としてのマインドも定まっておらず

何から手をつけていいかも分からない状態でした。

今振り返ると無駄なことにエネルギーを使っていたなーとしみじみ思います笑

その時に起業家として先を走っている友人から

「面白いメルマガがあるぞ」と教えてくれたメルマガで

ビジネスの原則的なことやマインドに関して無料でかなり学べました。

わたしが書いたメルマガではありませんが

面白おかしくふざけた口調にも関わらずかなり本質的なことが書いてあるので

「自分らしく生きたい」という人は読んでおくといいと思います。

【推奨メルマガ(無料です)】

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。