この世は行動の星「地球の進化を遅らせている原因とは!?」


画像はGoogleマップですが、宇宙から見えるなんてスケールが大きいですね。

今回は引き寄せの法則と地球規模のちょっとスケールの大きい話です。

防災とあまり関係ないようで実はすごく関係のある話です。

世界的なベストセラーになった「ザ・シークレット」は引き寄せの法則を広める大きなきっかけになりました。

歴史的な偉人や英雄がどのような方法で成功を収めたのか、その方法が明かされたからです。

「ザ・シークッレット」の著者ロンダ・バーン氏は映画制作のきっかけになったのはウォレス・ワトルズ著「富を引き寄せる科学的法則」とウィリアム・ウォーカー・アトキンソンの「引き寄せの法則」の影響を受けたと述べております。

アトキンソンの「引き寄せの法則」では思考を電磁波や光波・音波のように振動が異なる波として科学的に証明しました。

ずばり「念波」です。

万物は全て振動から成り立ち、物事の現象は全て振動数の違いにすぎないということ。

そして「引き寄せの法則」とは「波動同調の法則」と言って同じような思考の振動数はお互いに引き寄せあうという理屈になります。

電気が離れた導体に電化する現象:静電誘導や

音波が離れたワイングラスを割る現象など人の思考、心も同じような働きをして、離れた人の心を感化することができるのです。
日本でも、古来より加持祈祷など僧侶や神官などがこの力を使ってきました。

また感化力を悪用する例として人を傷つける「丑の刻詣り」などの「呪い」も存在しています。

このような感化力はなにも個人レベルでのみ使われているわけではありません。

政治・軍事・金融などこの世を支配している人間たちによって大衆操作にも使われております。

この世界の多くの富を握っている人間は例外なく、この分野の研究をしています。

しかし、これからの時代、念を悪用した犠牲にならないためにも誰しもこの心の作用について学ぶべき時代が来ています。

「ザ・シークレット」が公開されその分野に興味を持つ人が増えたにも関わらず、なかなか理想の現実を引き寄せることができないといった声もたくさんあります。

それは、人の心というものは多くは「怠け者」であり、他人の掲げる権威にぶら下がって生きた方が楽だし安全だと考えてしまうものです。

親や教師・政治家・宗教家・経営者・マスコミなどが発する価値観によって、あなた自身も気がつかないうちに人生を決めてしまっているのです。

さらにあなた自身の人生をつくるばかりか、その子供や周囲の人の可能性まで制限している可能性があるのです。

楽な道を選びとる意思がそれを望んでおり、自ら進んでコントロールされてしまいます。

なぜ「引き寄せの法則」を使っても成功できないのか?

それはコントロールする人とそれに喜んで従う人がいるからです。

それがこの地球全体の進化を遅らせている「シークレット」なのです。

この地球は行動の星

しかし、一人一人が目を覚まし、その「シークレット」があなた自身の内側にあると気がついた時、すべての疑問は解決します。
私たちは普段いかに浅く、狭い考えで自らの人生を制限しているかに気がつくでしょう。

自らの制限を解き放てば、人やお金、環境など必要なものはすべて引き寄せることができ、あなた自身の目的を成し遂げることができます。

真に自由な生き方をできるかどうかはあなたの行動次第なのです。

 

引き寄せの法則を強制的に発動させる方法「引き寄せの法則実践してます!でもなかなか叶わないんです〜。」という方必見!




面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

【因みに…】

今日もブログを呼んで頂いて有難うございました!

私は消防士として社会人デビューをしましたが、30歳を機に退職しました。

今ではドローンを専門にした起業家として活動をしてます。

空いた時間には趣味のプラモデルをガッツリ楽しむなど好き勝手やってます笑。

とはいうものの起業当初はすぐに上手くいったわけではありませんでした。

起業家としてのマインドも定まっておらず

何から手をつけていいかも分からない状態でした。

今振り返ると無駄なことにエネルギーを使っていたなーとしみじみ思います笑

その時に起業家として先を走っている友人から

「面白いメルマガがあるぞ」と教えてくれたメルマガで

ビジネスの原則的なことやマインドに関して無料でかなり学べました。

わたしが書いたメルマガではありませんが

面白おかしくふざけた口調にも関わらずかなり本質的なことが書いてあるので

「自分らしく生きたい」という人は読んでおくといいと思います。

【推奨メルマガ(無料です)】

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。