これから起業したい人に告ぐ!!この4つの条件に当てはまる事業に手を出したら試合終了!!

そもそも何のビジネスをするのか?
わたしも起業したいという方とお会いする中で2つの嫌な質問をされることがあります。

それは
「これ儲かりますか?」
「何をやっていいのかわかりません」

です。

もしかしてあなたもいったことあるかもしれません、聞いたことあるかもしれません。

恥ずかしながらわたしも言っておりました。

「これ儲かりますか?」

はっきり言ってわかりません。

わたしも色々経験しているので儲かりやすいビジネスを組むことはできますが、うまくいくかどうかは実行してみないとわかりません。

そしてその人の言うビジネスはそんなに悪くはないんです。

ただそういう人はたいがい行動はしないです。

結局は実行力次第なんです。あれこれ聞いといて結局やらないんです。

そして
「何をやっていいのかわかりません。」
その人に合った第一声がこれです。

しらねーよ!って話ですよね。
しかしこういう質問する人は結構多いです。

まず自分でやること決めましょう。

自分の人生を人に委ねるなって話。

言ったとおりに行動するなら指示することはできます。

ただし鬼のようにこき使いますが。。。

でもそんなこと言われても嫌ですよね。

では話を戻して、前向きにビジネスをやるとして、初心者が絶対にやってはいけないビジネスを
それは
1:初期投資がかかるビジネス

2:在庫を抱えるビジネス

3:粗利が低いビジネス

4:リピートがないビジネス

1:初期投資がかかる。
政府系の金融機関や貯金をつけって何百万、何千万というかかるビジネスをやりたがる人がいます。
はっきり言って危険です。施設系のビジネスは絶対やってはいけない。引くに引けなくなるし、潰れるまでやるかになります。
そもそも今まで自分で事業を立ち上げたことがない人がやれるわけないです。どうしてもやりたければ別事業で成果を挙げてからにしょましょう!

2:在庫を抱えるビジネス
それは在庫の怖さを知らないからです。在庫は売れないものそのものがリスクになるわけではない。そもそも在庫は管理をしなければならない。例えばアパレル、服も虫が食わないように管理したり、盗難にも気をつけなければならない。(下手するとスタッフが盗難する可能性もあります。)小物系を扱いたいという人もいる。小規模でやるならオッケーだが、少し規模があるだけでめちゃくちゃ大変になる。在庫もパソコンでデータ管理もしなければならないので労力が半端ないです。

3:粗利が低いビジネス。
はっきり言っても儲からないからです。
売り上げ=数量✖︎単価
単価が低く粗利も低いと数量をあげるしかなくなる。
例えば
100円のお菓子を1000個売る。
10000円を10個売る。
どちらが楽か?
断然単価が良く方が楽です!
起業した当初は誰もあなたを知らない。ブランディングもマーケティングもできてない。
そんな状態で単価の低いものを1000個売るのははっきり言って不可能です。
でないと儲からないし、事業もどんどんジリ貧になって精神的におかしくなります。

4:リピートがない。
これもやばいです。売り切り商売です。
すなわちひたすら新規のお客様を開拓し続けなければならなくなる。定期的に商品をお届けする。もしくは会員制にする。たとえば年間契約にするなど
こうしなければ利益が出ないし、リピートにならない。

以上4つの条件になります。

こういった条件のビジネスに手を出すと全く儲からないです。

1個くらいならまだいいですが、2つも3つもあると無理、4つあったら地獄を見ます。
起業したいと思った方は是非条件に当てはまってないかチェックしてみてください。



面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

【因みに…】

今日もブログを呼んで頂いて有難うございました!

私は消防士として社会人デビューをしましたが、30歳を機に退職しました。

今ではドローンを専門にした起業家として活動をしてます。

空いた時間には趣味のプラモデルをガッツリ楽しむなど好き勝手やってます笑。

とはいうものの起業当初はすぐに上手くいったわけではありませんでした。

起業家としてのマインドも定まっておらず

何から手をつけていいかも分からない状態でした。

今振り返ると無駄なことにエネルギーを使っていたなーとしみじみ思います笑

その時に起業家として先を走っている友人から

「面白いメルマガがあるぞ」と教えてくれたメルマガで

ビジネスの原則的なことやマインドに関して無料でかなり学べました。

わたしが書いたメルマガではありませんが

面白おかしくふざけた口調にも関わらずかなり本質的なことが書いてあるので

「自分らしく生きたい」という人は読んでおくといいと思います。

【推奨メルマガ(無料です)】

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。