成長期に起こる成長痛の原因と予防法について【オスグッド・シュラッター病】

成長期に起こる成長痛の痛みの原因と予防法について【オスグッド・シュラッター病】

スポンサーリンク

お母さんに読んでほしい。子どもの身長を伸ばすシリーズ第15回

どうも防災王の吉武穂高です。

今回は「お母さんに読んでほしい。子どもの身長を伸ばすシリーズ第15回」

「成長痛」についてお話しします。

そもそも「成長痛」とは?

成長期の成長痛(オスグッド・シュラッター)の具体的な解説と予防法について

小学校の高学年から高校生にかけて、身長がとても伸びやすい時期に、人によっては、膝などの関節の痛みに悩む人がいます。

特に、成長期の時期に部活動などの運動に打ち込む子どもの方が日常的に激しい運動や練習をしているため、「成長痛」に悩まされるケースが多いように感じます。

実は身長180cm以上の背が高い人達に聞いた所、そのほとんどの方は膝、足首、腰などの関節の痛みに苦しんだ時期がとても多いそうです。

オスグッド・シュラッター|膝の成長痛

特に多いのが成長期に「膝の痛み」を発症する「オスグッド・シュラッター」

これは「成長期」の時期と重なるため、別名「成長痛」と呼ばれております。

実はこれ、身長・骨が伸びているから、痛むのではなく、じっさいには「スポーツ障害」になります。

 

成長期の成長痛(オスグッド・シュラッター)の具体的な解説と予防法について

 

成長痛のメカニズムについて

具体的に説明すると、曲げた足を伸ばすためには、大腿四頭筋などの太ももの筋肉が膝を介しており、それがすねの骨を引っ張っています。

この時に、すねの骨と筋肉の接合部(上の図形でびっくりマークがついている所)に負担がかかってしまいます。

その時に「骨の軟骨部分が剥がれてしまうこと」その時の痛みが「成長痛|オスグッド・シュラッター」になります。

成長痛の原因その2|骨と筋肉のアンバランス

成長期の成長痛(オスグッド・シュラッター)の具体的な解説と予防法について

成長期には、周囲の筋肉よりも先に「骨」が伸びます。

そのため、急激に身長が伸びる「成長期」では急激な骨の伸びと筋肉の成長がアンバランスになります。

そうすると、身体全体は硬くなる傾向にあります。

身体が硬い状態で身体を動かすと、筋肉や筋肉と骨をつなぐ「腱」が強く引っ張られます。

そのため、成長期の時期に、激しい運動をしていると、何度も何度も、「腱」が引っ張られることによって、「炎症」が起こりやすくなり、その結果「痛み」となって現れるのです。

先の「オスグッド」は大腿四頭筋の筋肉とそこからつながる膝下の靭帯んに付着しているため。走ったり、ジャンプしたりすると、大腿四頭筋が強く引っ張られることで、痛みが走ります。

そのため、「バスケ」や「バレー」などジャンプや関節に負担のかかる部活動をしている子どもが「成長痛」を起こしやすいのです。

成長痛について|軟骨が剥がれるからといって身長が伸びなくなるわけではない。

まあほとんどの人がわかっていることなんですが、成長痛が起こり、膝の軟骨が剥がれたからといって、身長が伸びなくなるわけではありません。

中学時代などに必ず、膝が痛くなる人はいましたが、だいたいそれらの人は医師より適切な診断と処置で、「成長痛」が起こっている間は部活動や激しい運動を避け、ぐんぐん身長を伸ばしていました。

(見ていて本当に羨ましかったです。)

しかし、理解しておくべきは、部活動やスポーツなどでの使いすぎや過度な負担がかかってしまっての障害ということです。

ここで親や部活動の指導者などが、「成長痛なんだから大丈夫!」と無理をさせてしまうと、本当に身長にとっても、膝などの関節にとっても悪い影響を与えてしまう可能性があります。

成長痛の予防と改善|動画解説

成長痛の予防とケアについて|ストレッチが効果的

「成長痛」をケアする方法として大切なことが、「痛み」が出る前に「ストレッチ」をすることでできるだけ、筋肉を柔らかくしてあげることです。

先に述べたように「成長痛」は骨と筋肉のアンバランスから身体が硬くなってしまうことを原因としているので、「ストレッチ」で筋肉を柔軟にすることがとても重要です。

「筋トレ」や「運動」そのものは身体に縦方向の刺激を与え、また「成長ホルモン」の分泌を抜群に促してくれるため、とても有効なのですが、身体が急成長する時期だからこそ、「ストレッチ」などのケアにも力を入れたいものです。

以下の本は子どもと一緒にできるストレッチの方法が書いてありますので、気になった方は一度読んでみてください。

成長痛を予防するストレッチ|大腿四頭筋のストレッチ方法

成長痛を予防するストレッチ|ハムストリングスのストレッチ方法

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私自身もこれまで「成長痛」=身長が伸びている証拠と勘違いしてましたが、多くの方もそのような認識だったのではないかと思います。

身長を伸ばす上で大切なことは、成長期の子どもに起こる現象について正しい知識で理解し、適切な処置と行動をすることが大切になります。

お母さんに読んでほしい子どもの身長を伸ばすシリーズ|過去記事についてはこちらをご覧ください。(現在第15回)

【まとめ】子どもの身長を伸ばす方法&成長ホルモントレーニング

スポンサーリンク

お問い合わせ

ご興味を持っていただきありがとうございます。 お問い合せは、一番返信が早いのがFacebookになります。お気軽に直接メッセージください。 メールは[hodaka8866@gmail.com]までどうぞ。
成長期に起こる成長痛の痛みの原因と予防法について【オスグッド・シュラッター病】

面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

消防士になる人が読む本|只今無料キャンペーン実施中

防災王のサイトに書いてある内容をまとめました。

これでいつでも消防業務のマニアックな情報が学べます!!

12月29日まで無料ですのでお見逃しなく!!

電子書籍作家デビューしました。現在11冊出版!!

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

ブログを書いているうちに、電子書籍まで出せるようになりました。

当ブログでも人気の『消防』関連の電子書籍も出版しております。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者であれば「無料」で読めますので、よかったらチェックしてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。