ストレッチで姿勢を正し、背骨を整えると身長が伸びる。【猫背の弊害】

ストレッチで姿勢を正し、背骨を整えると身長が伸びる。【猫背の弊害】

スポンサーリンク

お母さんに読んでほしい。子供の身長を伸ばすシリーズ第14回

どうも防災王の吉武穂高です。

今回は子供の身長を伸ばすシリーズ第14回ということで

「ストレッチして、背骨を整えることで身長が伸びやすくなる」というテーマでお話しします。

朝と夜で身長が違う理由とは?

おそらく多くの方がご存じだと思いますが、朝と夜では身長が異なります。

特に若い世代の方がその傾向が顕著に現れ、朝と夜で1〜2cm違う場合があります。

理由は「骨と骨の隙間」にあります。

1日重力にさらされる体は、骨と骨の間にある隙間が日中の活動で縮まってしまい、夜睡眠をとることで重力から解放され、また元の骨と骨の感覚に戻るのです。

特に重力の影響を受けるのが「背骨」になります。

背骨には、24個の椎骨が連なって出来ております。

そしてこの椎骨と椎骨の間には「椎間板」という軟骨が存在しております。

この「椎間板」が骨と骨をつなぐクッションの役割をしてくれ、背骨にかかる衝撃を吸収してくれたり、体を自由自在に操るために重要な役割をしてくれるのです。

そして当然背骨の椎間板以外にも、全身にある骨と骨をつなぐために「関節」が存在しており、背骨でいう「椎間板」の役割を担うための軟骨が存在しているのです。

骨と骨にある軟骨は「クッション」の役割をしてくれるため、日中の活動で様々な衝撃を吸収したり、体の重みを受けることで水分が抜け出したりなどして、縮まってしまいます。

先に述べた椎間板の数が23個あり、それらが仮に1mmずつ縮んでしまうだけでも、約2cm身長が縮まってしまうことになります。

そのため、朝と夜とでは、身長が異なるわけです。

ストレッチで体を伸ばし、背骨を整えることの重要性。

ストレッチで姿勢を正し、背骨を整えると身長が伸びる。

ストレッチで身長が伸びやすい体になる

日常の生活でも、背骨に負担がかかり、知らないうちに、背骨が縮んだり、ゆがんだりしてしまいます。

そのため、「背骨を正しい状態にしておくこと」は身長を伸ばしやすくなると言えるのです。

ストレッチは、筋肉をほぐすことによって、それに付随する骨自体も整えてくれます。

硬くなりすぎた筋肉は、体を歪め、結構も悪くなってしまいますので、栄養も行き届きにくくなってしまいます。

特に「運動」に打ち込んでいる子どもに対しては、しっかりとストレッチを指導し、マッサージなどもしてあげたいものです。

余談になりますが、野球選手のイチローも365日、毎日4時間以上の練習を積み、夜は父親に毎日マッサージをしてもらっていたそうです。

特に有名なのが足の裏のマッサージで、イチロー選手は土踏まずの筋肉が発達しすぎて、足の裏が真っ平らになっているそうです。(話が完全に脱線しました(⌒-⌒; ))

激しい運動は、筋肉に乳酸を溜めてしまいます。

この乳酸が「成長ホルモン」と深い関係があるのですが、あまり「乳酸」を溜めた状態では血流が悪くなります。

骨と筋肉が結びついて、体を動かしていること。

そして、血液や神経・リンパといったすべての流れが体に存在していることを感じながら、人の体は構成されていることを認識した上で、「ストレッチ」をすることがとても重要になります。

元気な子どもの寝相が悪いわけ

こうして、重力にさらされ縮まってしまう身長を整える上で大切なのが、睡眠とストレッチです。

人は睡眠中、体を横にすることで日中の脳と体の疲れを癒します。

そして、日中の活動で歪んだ身体を寝返りなどで整えることで、身体をリセットしてくれるのです。

よく遊ぶ子供の寝相が悪いのは、1日遊び動き回った身体が歪むため、それを寝ている間に整えてくれているのです。

背が高い子どもは実践している?日中のストレッチで身体と背骨を整える

また、同時に大切になるのが、日中「ストレッチ」をしてしっかりと「身体を伸ばし、背骨を整えること」です。

先に述べた日中の活動による身長低下それ自体は別に悪いことではありません。

とても自然なことです。

しかし、本当に大切なことは、身長を伸ばす上で、大切な「背骨」をしっかりと整えておくことになります。

以前の記事でもお伝えしましたが、日頃から姿勢が悪いと、本来であれば均等に骨にかかる負担が変わってきてしまい、特定の骨と椎間板に負担がかかってしまいます。

それでは、将来を見越した時に、腰痛や怪我の原因になりえますし、また「身長」を伸ばす上では正しい位置に骨が整体だれている方が当然、「栄養」「運動」の効果が得られやすくなるのです。

猫背の弊害

ストレッチで姿勢を正し、背骨を整えると身長が伸びる。

特に直してもらいたいのが「猫背」です。

「猫背」は単純に見栄えが悪いというだけでなく、「身長の伸び」や「精神面」「免疫力」の面でもデメリットがあります。

身体の中で最も重要な背骨が歪むことで、日常摂取できる食事からの「栄養」と成長ホルモンの分泌を促してくれる「運動」による効果の恩恵を存分に受けることができにくくなってしまいます。

関連記事:お母さんに読んでほしい!身長を伸ばすための姿勢と運動習慣を知ろう!

胸腺|姿勢が免疫力に影響を及ぼす。

少しマニアックな話なのですが、胸の中心に「胸腺」という免疫力を司る器官があり、それが「猫背」の状態では十分に機能してくません。

「胸腺」がしっかり働かないければ、「免疫力」も落ちてしまうということです。

様々な健康上のことを加味した上でも、身長を伸ばす上で、「姿勢」を整えておくことの重要性、

そして体を整えるために「ストレッチ」などを習慣づけておくことが大切と言えるでしょう。

以下の本と動画が参考になりますので、気になった方はまず正しい「知識」から学ぶことをおすすめします。

身長が伸びる!?姿勢改善ストレッチ

まとめ|姿勢改善は身長アップにつながる

というわけで、姿勢の重要性についてお話しさせていただきましたが、いかがでしょうか?

身長を伸ばす上で大切な3要素は「運動」「栄養」「睡眠」で生活習慣を整え、いかにして「成長ホルモン」を分泌させるかが鍵になりますが、「姿勢」もとても重要な要素になってきます。

また子どもの頃の習慣は大人になっても引き継ぎますので、将来の怪我や病気を事前に防ぐという意味でも、早くから真剣に取り組むべきことです。

「お母さんに読んでほしい。子どもの身長を伸ばすシリーズ」過去の記事はこちらをご覧ください。

【まとめ】子どもの身長を伸ばす方法&成長ホルモントレーニング

スポンサーリンク

お問い合わせ

ご興味を持っていただきありがとうございます。 お問い合せは、一番返信が早いのがFacebookになります。お気軽に直接メッセージください。 メールは[hodaka8866@gmail.com]までどうぞ。
ストレッチで姿勢を正し、背骨を整えると身長が伸びる。【猫背の弊害】

面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

消防士になる人が読む本|只今無料キャンペーン実施中

防災王のサイトに書いてある内容をまとめました。

これでいつでも消防業務のマニアックな情報が学べます!!

12月29日まで無料ですのでお見逃しなく!!

電子書籍作家デビューしました。現在11冊出版!!

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

ブログを書いているうちに、電子書籍まで出せるようになりました。

当ブログでも人気の『消防』関連の電子書籍も出版しております。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者であれば「無料」で読めますので、よかったらチェックしてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。