消防は退職後にツブしが利かない!?|起業後に思う消防士をやっていてよかったこと

消防は退職後にツブしが利かない!?|起業後に思う消防士をやっていてよかったこと


消防士は退職後のつぶしが利かない仕事と言われている。

どうも防災王の吉武穂高です。

今回は、かつて消防士を体験しておいてよかったこと。

というテーマでお話しします。

消防士から転職する場合、消防の仕事の経験はその特殊性から一般の企業・会社と全く異なる業務のため、別業界で活かすことが難しい仕事と言われております。

「消防の常識は、世間の非常識」

そう呼ばれておりました。

私自身、30歳の節目に消防職員を辞めて、自分で独立・起業したわけなんですが、まさにそのことを実感する機会がとても多かったのです。

しかし、それでも消防士を経験してきてよかったという点がありましたので、そのことについてお話しできればと思います。

消防は仕事で精神的にも肉体的にも徹底的に追い込まれる。

通常の仕事や日常の場面で精神的に追い込まれることは何度もあります。

しかし、消防の業務では精神的に追い込まれることはもちろん、肉体的にも徹底的に追い込まれます。

消防学校の教官より後で聞かされたことは

本来限界以上の力が出て肉体に負担をかけないようにしている。

消防学校の訓練では肉体を限界まで追い込むことで、脳のリミッターを外して文字通り

「火事場の馬鹿力を引き出せるようにする」

ことを目的にしているというのです。

確かに消防学校の訓練は本当に厳しかった。

半日近く同じ姿勢で立たされたり

ロープブリッジ渡過でうまく渡りきることができず、中吊りになったり

熱い防火衣に重い空気呼吸器を背負って熱中症スレスレの状態で訓練したり

ロープで引きずり回されて足の親指の爪が剥がれたり

教官や先輩方に泣くほど追い込まれたり

今思い出してもぞっとするほど大変な思いをしてきました。

このブログには書けないようなもっとヤバい経験もたくさんしてきました。

そのため、その経験と比べると確かにたくさん辛いことも起こりますが、あれほど肉体的にも精神的にも追い込まれるくらいの出来事はそうは起こらないので、

「根性さえあればなんとでもなる!」

と思えてしまうのです。

あの時、あれほど消防で追い込んでもらえる体験をしていなければ、今の自分はとっくに心が折れて何もかもをあきらめていたのかもしれません。

まとめ

今私は消防とはほとんど関係ないこと(防災の絡みもあるので全く関係ないとは言えませんが。。。)

をしておりますが、消防士をやっていてよかったと思えることはたくさんあります。

他の記事でも度々お伝えしたおりますが、間違いなく言えるのが

「無駄な経験は一つもない!」

ということです。

それは消防での仕事だけでなく、これまで経験してきたすべての出来事に言えることです。

もしかしたら今後、本当に消防で経験した出来事がもっと活きるチャンスが来るかもしれませんね。


お問い合わせ

ご興味を持っていただきありがとうございます。 お問い合せは、一番返信が早いのがFacebookになります。お気軽に直接メッセージください。 メールは[hodaka8866@gmail.com]までどうぞ。
消防は退職後にツブしが利かない!?|起業後に思う消防士をやっていてよかったこと

面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

消防士になる人が読む本|只今無料キャンペーン実施中

防災王のサイトに書いてある内容をまとめました。

これでいつでも消防業務のマニアックな情報が学べます!!

12月29日まで無料ですのでお見逃しなく!!

電子書籍作家デビューしました。現在11冊出版!!

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

ブログを書いているうちに、電子書籍まで出せるようになりました。

当ブログでも人気の『消防』関連の電子書籍も出版しております。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者であれば「無料」で読めますので、よかったらチェックしてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。