営業を突き詰めると「ダイレクトレスポンシブマーケティング」に行き着く件

営業を突き詰めると「ダイレクトレスポンシブマーケティング」に行き着く件


朝からひたすらセールスレターを書いてました。

ダイレクト

どうも防災王の吉武穂高です。

本日は朝から業務提携した会社のセールスレターを書いておりました。

とにかく書いては、音読して訂正、書いては訂正をひたすら繰り返す。

普段、ブログは思いつくままに書きなぐっている私からすれば、大変な作業です(笑)

今回はFAX DMでしたが、無事満足のいくセールスレターが出来上がりました。

あとは会社のGOが出たら早速投入してみたいと思います。

あとはひたすら

FAX ➡︎ 反応率のチェック ➡︎修正

の繰り返し。

FAX DMは数打ってその中でいかに多くの反応率を出すかが命です。

また限られた紙面の中で、まずはお客様に読んでもらえるキャッチコピーを作らねばなりません。

FAX DMの7つの基本

基本に則ると

1:ターゲティングコピー

➡︎どんなお客様に読んでもらうか明確にする。

2:キャッチコピー

➡︎一瞬でお客様の心をつかまねばなりません。

3:アイキャッチ画像

人物の写真を入れることで視覚的に、みてもらえる確率がアップします。人は人物の写真があると

なぜか見てしまうものです。

4:ボディコピー

➡︎本体の部分になります。

当然お客様に提案するメリットや要求を刺激する内容を書かねばなりません。

感情を動かして、行動させるような文章が必要になります。

5:オファー提示

オファーには有料・無料の2種類があり、最終的にどのような行動をとってもらいたいかお客様に呼びかけます。

たとえ無料オファーであってもお客様にとっては初めの一歩の行動を起こすことはとても勇気のいることですので、不安を取り去るようなフォローが必要です。

6:レスポンシブデバイス

お客様がどのような方法で申し込んだらいいか明記しておきます。

FAXで返信し返すのか、特定のサイトから申し込みするようにするのかわかりやすく表記します。

レスポンシブデバイスがわかりにくいと、他がどんなに優れていてもいみがありません。

7:クレームの軽減|FAX不要の説明

FAX DMはクレームにも繋がりやすいので、それに対応する会社情報を掲載しておくこと。また今後不要であれば、それをフォローする内容を記載しておきます。

事前の準備でクレームを減らすことができます。

行き着くところは「ダイレクトレスポンシブマーケティング」

これまで飛び込み営業、電話営業などに挑戦してきました。

中でも電話営業は意外なほど得意で昨年は、とあるベンチャー企業で

社長(営業1:主に対面営業)、私(営業2:主に電話営業)、事務の3人でチームを作り、売り上げが1億円以上になりました。

この時に学んだことは

仕事は少数精鋭で行うこと。

また得意な分野に集中したほうがいいということでした。

またこれまで営業に苦手意識をもっていましたが、この結果で確実に自信になりました。

ただ、日本にダイレクトレスポンシブマーケティングを持ち込んだかの「神田昌典さん」によると電話営業も突き詰めれば、いかに自分のアポ技術を高めた腕数と反応率の問題です。

さらに自分が働き続ける必要があり、一定の売り上げが上がった上で、人を雇ったとしても、一定の営業レベルになるまではしっかり育てる時間とお金が必要になります。

そのため、突き詰めると結局は「ダイレクトメール」になるのです。

なぜインターネットビジネスはよくわからないけど、桁違いに稼いでいる人がいるのか?

それは自分にとってお客様になる人のリストをブログやメルマガで抽出して集め、一定の反応率が出るようなオファーを徹底して出し続けているからなのです。

時には「無料特典」をプレゼントしながら最終的には「高額商品」を購入してもらえるまでの動線が出来上がっているのです。

また作業はリストを集めるまでは大変ですが、そこからは「セールスレター」一つ書くだけで、「何百万〜何千万」の利益を生んでいるのです。

「高額商品」と言っても一度セミナーを録画してDVDやPDFなどの文章にしているだけで、原価はよくて数百円程度ですので、とんでもない粗利になります。

このお客様にとって誠実か否かは置いておいて、ビジネスをやる上では人では最小限の少数精鋭でありながら、一度仕組み化してしまえば、半自動的に高額な利益を手にすることができます。

まとめ|色々な方法で営業を学ぶことは大切!

今回は「コピーライティング」「ダイレクトレスポンシブマーケティング」についてお話ししましたが、実際自分で商売する場合は自分にもっとも得意な営業方法を見つけることが大切です。

確かにDMによるセールスレターは現代においてもっとも効率的な仕事の仕方ではありますが、自分が得意なことを突き詰め、そこから自分ができないことは例えば自分が「対面セールス」が得意で「文章」や「ネット」が苦手であるならば苦手な分野は人にやってもらうことで簡単に解決します。

今回セールスレターを書いた事業を手がける社長と事業内容のご紹介です。

プリンター業界に革命を!完全定額のプリンターサービス|ウルトラプリントサービス海野弘貴

プリンター業界に革命を!完全定額のプリンターサービス|ウルトラプリントサービス海野弘貴

大富豪の仕事術

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-21-43-17


お問い合わせ

ご興味を持っていただきありがとうございます。 お問い合せは、一番返信が早いのがFacebookになります。お気軽に直接メッセージください。 メールは[hodaka8866@gmail.com]までどうぞ。
営業を突き詰めると「ダイレクトレスポンシブマーケティング」に行き着く件

面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

消防士になる人が読む本|只今無料キャンペーン実施中

防災王のサイトに書いてある内容をまとめました。

これでいつでも消防業務のマニアックな情報が学べます!!

12月29日まで無料ですのでお見逃しなく!!

電子書籍作家デビューしました。現在11冊出版!!

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

ブログを書いているうちに、電子書籍まで出せるようになりました。

当ブログでも人気の『消防』関連の電子書籍も出版しております。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者であれば「無料」で読めますので、よかったらチェックしてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。