便利屋のススメその2|ビジネスには「コツコツ型」「ドカン系」「オリジナルコンテンツ」のバランスを大切にしよう!

便利屋のススメその2|ビジネスには「コツコツ型」「ドカン系」「オリジナルコンテンツ」のバランスを大切にしよう!


どうも防災王の吉武穂高です。

今回は前回の記事(便利屋のススメその1|起業したいけどビジネスプランが決まってない人は便利屋から始めて見るのがオススメ!)の続きになります。

便利屋業ってどんな仕事なの!?

便利屋は一言で言えば代行業になります。

代行業って何!?と言われそうですが・・・

フランチャイズで分かりやすいのが「ベンリー」や「便利屋本舗」などがあります。

仕事内容は、はっきり言って挙げてしまえばなんでもありなんですが、例えば

  • お掃除・洗濯・片付け代行
  • 引越し・家具や荷物の移動
  • 不用品処分のお手伝い
  • 庭仕事代行
  • 草刈り・剪定
  • 家電やパソコンの設置
  • ビデオ撮影
  • パソコン・インターネット
  • 事務仕事代行

などなど挙げればなんでもあります。

今、挙げた例は便利屋業として比較的案件の多い案件になります。

要するに自分ができることで、お客様の要望があれば何でも仕事になります。

私の場合は「ホームページ製作」や「名刺デザイン」や「営業」なんかもでき、さらに「防災用品の販売」や「イベントのプロデュース」「写真撮影」なんかも得意だったので、それらも「便利屋業」としてできると名刺に表記して営業しておりました。

要するに今自分にできることから、少しずつ自分でできる業務の範囲が増えれば、どんどん新しい仕事を取っていくことができるのです。

どうやって仕事を覚えていいのか分からない!

「でもどうやってそれらを仕事にしていいか分からない!」と疑問に思う方もいると思います。

仕事の覚え方はとても簡単です。

先に挙げた

  • お掃除・洗濯・片付け代行
  • 引越し・家具や荷物の移動
  • 不用品処分のお手伝い
  • 庭仕事代行
  • 草刈り・剪定
  • 家電やパソコンの設置
  • ビデオ撮影
  • パソコン・インターネット
  • 事務仕事代行

の業務であれば、「ベンリー」や「便利屋本舗」などのすでにある便利屋さんでバイトをすれば、仕事の仕方は覚えられます。

「おいおい、それじゃただのバイトじゃねーか!」

という方がいるかもしれませんが、すでにある「ベンリー」などの「フランチャイズ」で独立しようと思うと信じられないくらいの金額がかかります。

信じられないくらい予算が必要なフランチャイズの仕組み

ちょっと調べてもらえれば分かりますが、信じられないくらいの費用がかかります。

フランチャイズとしての

・登録料金

・本部研修

・本部への毎月のマージン

・店舗料金

・設備費用

などなど全部合わせるとなんとびっくり「1000万円」近くかかり、本部指定の制服や道具を使う必要があったり、毎月20万円近くの上納金が必要だったり、テナントの使用料金だったり信じられないくらいの費用がかかります。

初めてフランチャイズの料金を聞いたとき、「おいおいマジかよ!」と本当にびっくりしましたが、ぶっちゃけそんな高い料金を払わなくても、バイトすればお金をもらいながら研修できてしまいます。

確かに有名なフランチャイズの看板は初めてのお客様にとって「安心」してもらえるきっかけにはなりますし、「営業活動」をする上で当然有利になりますが、「便利屋業」は上記にも述べたように自分にできることから始めれば仕事として成り立ちますので、わざわざ馬鹿高い初期費用と毎月の本部への上納金など訳の分からないお金を払うくらいならポスティングやネット広告など自分の営業活動や自分だけのオリジナルの事業にお金を投資したほうが十分に元を取れます。

要は自分で営業ができて、お客様さえ集めることがことができればなんとかなってしまいます。

(営業方法に関してはまた別記事でお話ししようと思っております。)

便利屋って儲かるの!?|基本は「コツコツ型」のビジネスだが・・・

便利屋の仕事自体、利用したことない方にとってはあまりピンとこない方がほとんどだと思います。

便利屋の仕事の単価の相場は

  • お掃除・洗濯・片付け代行
  • 引越し・家具や荷物の移動
  • 不用品処分のお手伝い
  • 庭仕事代行
  • 草刈り・剪定
  • 家電やパソコンの設置
  • ビデオ撮影
  • パソコン・インターネット
  • 事務仕事代行

などフランチャイズが行っている料金が

出張費3240円+作業代3240円(1時間)✖️作業員の人数

が相場になります。

わかりやすく言えば時給3000円以上の仕事ができることになります。

こうしてみると思った以上にお金っていただけると思いませんか??

ここに不用品回収や処分など特別な作業が加わった場合はさらに多くの予算をいただくことができます。

詳しい値段を知りたい方は、フランチャイズなどの料金表を参考にすれば価格の相場などを掴んでもらえると思います。

なので個人でやる場合はフランチャイズも値段を安くすれば、他社との差別化を図ることができますし、それでも十分に利益を上げることができます。

まあそれでも時給3000円程度なので、それじゃあ厳しくないか?というご意見があると思います。

おっしゃる通りです。

そこで大切になるのがビジネスには

・コツコツ型のビジネス

・ドカンと儲かる系のビジネス

・自分だけのオリジナルコンテンツ

の3種類に分けられます。

先に挙げた代行業は「コツコツ型」の仕事です。

仕事がいっぱいあるうちは生活することはできますが、将来のことを考えると不安になったりします。

そこで大切なのは、「コツコツ型」のビジネスの他に「ドカンと儲かる系」のビジネスを持つことです。

「ドカン系と儲かる系」のビジネスとは!?

一般の便利屋業では「コツコツ型」のビジネスになりますが、個人で行う場合は、制約一つで「ドカンと儲ける系」の事業を持つことが重要になります。

例をあげると不動産営業の代行やリフォーム・保険などの金融など一成約で10万から場合によっては100万円以上と利益が大きく上がるビジネスになります。

これらのビジネスの営業代行もインターネットで探せば比較的簡単に見つけることができます。

当然ですが、「ドカン系」のビジネスは営業することは通常のビジネスと比較すると難しいです。

しかし、自分の性質や特徴とマッチし、かつビジネスプランの成功法則が明確な案件を見つけると、一定の営業レベルを超えると利益をあげることは十分に可能です。

正直に言えば、この「ドカン系」だけでガンガン利益をあげることが理想ではあるのですが、独立当初にそれのみに注力しようとすると、当然売上が思うように上がらなかったり、うまくいかないことがほとんどなので、経済的にも精神的にもかなりキツイものがあります。

よく独立するには「一流の営業力」が必要と言われますが、「営業の世界」で一定のレベルを越えれば、「なんでも売る」自信がありますので自分の身を立てていくことや売上をバンバンあげていくことは余裕でできてしまうことでしょう。

私もそうですが、ほとんどの方は「営業」の世界を知らずに、そもそも「商売の基本」も知らずに飛び出してしまう方がほとんどのため、初めは修行だと思って、自分でこれはイケる!と思った「オリジナルコンテンツ」の事業を筆頭に、できるビジネスから始め、それだけで生計が立たなければ、先に挙げた便利屋で研修のつもりでバイトしたり、自分に興味のある分野で求人をかけている仕事を初めてみるのがいいと思います。

バイトしてたら独立してないじゃん!と思うかもしれませんが、強い意志と目的を持って行動している人間はあっという間に必要なスキルを吸収し、即座にその業務において個人で仕事を取ることができます。

またその仕事先でも自分の目標やできることを伝えていくことで意外な形で別の仕事につなげることが可能です。

要はどんな環境においても、自分次第で今ある環境など能動的に変えていくことはできるのです。

最後にオリジナルコンテンツについて説明します。

あなただけのオリジナルコンテンツとは?

「コツコツ型」と「ドカン系」のビジネスについて説明しましたが、最後はあなただけの「オリジナルコンテンツ」の紹介をします。

これが結構厄介で起業したい!独立したい!と息巻いている型で、これは画期的なアイデアだ!と自分が考えたビジネスで勝負しようとする人がいます。

当然、アイデアやビジネスモデルが面白ければどんどん拡散していくように仕事が取れるのでしょうが、ほとんどのパターンは失敗してしまいます。

オリジナルコンテンツで勝負するには当然ある程度の「失敗と成功」を繰り返しながら、自分の思いと世の中のニーズをすり合わせる必要が出てきますので、

私の例をあげると「ドローン事業」は私のオリジナルコンテンツになります。

事業内容はドローンで空撮写真を撮影したり、プロモーションビデオを作ったりする業務になるのですが、

通常のカメラマンによる撮影などでは競合他者がいますが、ドローンカメラマンなんかになると一気にライバルがいなくなります。

ドローン空撮写真の仕事は大体1本5万円〜になり、半日仕事でも個人が引き受ける仕事としてはかなり割りがいい仕事になります。

まあもう少し、時代が進めばドローンを仕事にする人も増えるのでしょうが、皆が注目する前に先に初めて「第一人者」の称号を得てしまえば、新しく始める人よりは当然仕事も取りやすいですし、もっと仕事の単価も高くしても可能になるでしょう。

さらに今まで人がいけない橋梁などの点検業務など探せばいくらでもニッチな市場を発見することも可能です。

ドローンについて語り出すと止まらなくなりそうなので、このくらいにしておきますが(ドローンについてもっと知りたい方は「東海空中散歩」のサイトをご覧ください。)、オリジナルコンテンツを作るのにはセンスと閃き、試行錯誤が大切になります。

またいきなりうまくいくパターンは少ないので、まずは「コツコツ型」や「ドカン系」とうまく組み合わせながらうまくバランスをとっていくことがオススメです。

まとめ|すべての経験は無駄にならない!

 

この記事を書き始めた時、便利屋としての市場価値やニッチな市場であること・高齢化社会などの日本の時代背景について触れるつもりだったのですが、話が完全に脱線した形で記事を書き上げてしまいました(⌒-⌒; )

なのでそれはまた次の機会にします。

「独立・起業したい!」

と息巻く方で、自分のやりたいこと以外やりたくない!という強い、ある種頑固な信念を持った方もいると思います。

当然それでうまくいけば万々歳なのですが、そうはうまくいかないのが常だと思います。

そんな時は自分にできることから始められる便利屋はどんな仕事にも応用ができますし、なんとか食いつないでいくことは十分に可能です。

一見回り道に見えるかもしれませんが、あなたが産み出し、初めはうまくいかなかった「オリジナルコンテンツ」も様々な仕事を経験していくことで新しい視点や角度から本当に「世に求められる素晴らしい事業」になることが可能になります。

無駄かと思う経験も意外な組み合わせや発想一つでとんでもないチャンスを作ってくれることもあるのです。

あなたが独立・開業する上で「何をしていいかわからない!」

また「途中でうまくいかなかった!」という方がいれば、ぜひ便利屋をオススメしたいと思います。

次はこの記事

便利屋のススメその3|超高齢化社会を迎えるこれからの日本に必要なニッチなビジネス

公務員からの起業シリーズはこちら!

第1回:ビジネスプランが決まってない人は便利屋がオススメ

第2回:ビジネスは「コツコツ型」「ドカン系」のバランスを大切に

第3回:超高齢化社会を迎える日本に必要なニッチなビジネス

公務員からの独立したい人にオススメ: 起業したい人は自社ブログを始めることをオススメ!

経済的自由を得るためには学び変化し続けることが重要です。

➡︎マル秘資産形成術「7年以内に最低1億円の個人資産を作る。」

➡︎コンテンツマーケティング64の法則 (このブログもコンテンツはとても意識してます。)

➡︎大富豪の仕事術 700億円を生み出すスーパー起業家の秘密

『秘・資産形成術』 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-12-04-32 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-12-08-24


お問い合わせ

ご興味を持っていただきありがとうございます。 お問い合せは、一番返信が早いのがFacebookになります。お気軽に直接メッセージください。 メールは[hodaka8866@gmail.com]までどうぞ。
便利屋のススメその2|ビジネスには「コツコツ型」「ドカン系」「オリジナルコンテンツ」のバランスを大切にしよう!

面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

消防士になる人が読む本|只今無料キャンペーン実施中

防災王のサイトに書いてある内容をまとめました。

これでいつでも消防業務のマニアックな情報が学べます!!

12月29日まで無料ですのでお見逃しなく!!

電子書籍作家デビューしました。現在11冊出版!!

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

ブログを書いているうちに、電子書籍まで出せるようになりました。

当ブログでも人気の『消防』関連の電子書籍も出版しております。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者であれば「無料」で読めますので、よかったらチェックしてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。