【起業家必見】ネットワークビジネスについて|一度記事にしてみたかった

【起業家必見】ネットワークビジネスから学べるとんでもない仕事術


どうも防災王の吉武穂高です。

今回は起業家向けへビジネスモデルのお話しをします。

タイトルにもある通り、「ネットワークビジネス」通称「マルチレベルマーケティング」についてです。

独立願望が出てきて、いろんなイベントや交流会に参加すると必ずネットワークビジネスを仕事にしている人に会います。

当然その人から勧誘を受けたりします。

別にネットワークビジネス自体は悪いビジネスだとは思いませんが、勧誘する人もされる人もお互い人間であり、仕事でもあるので、誘われた側は気軽に始めたはいいけどどうしてもうまく行かないパターンというものがほとんどです。

なのでいろいろと私自身の考えを伝えていきたいと思います。

ちなみに私自身ネットワークの商品を使い、数ヶ月だけビジネスとしてもかじったことはありますが、今は全くネットワークビジネスはやっておりません。

でやめたのはあくまで自分の判断です。

別にそのネットワークの組織を嫌いになったわけでもありません。

むしろ時間があれば会いに行きたいくらい魅力的な人達です。

そもそもネットワークビジネスとは?

ネットワークビジネスとは、簡単に説明すると、

個人がとある商品の代理店になって人と人とのつながりから「流通」を生み出し、利益を生むビジネスモデルです。

この事業を始めるには必ず「人づて」であり、その紹介者から商品を一定数仕入れて、自分から他の人へ販売して利益を得る都いった形になります。

よくネズミ講などと勘違いされますが、違います。

ビジネスとして

・低資金で始められる

➡︎定価で買えば、数千円程度から購入できますが、ビジネスとして始めようと思うと、会社にもよりますが、初期投資20万円前後で始められます。

・流通を起こしやすく、リピート性の高い「健康食品・器具」「化粧品」「通信機器」などの商品が多い

・商品の質が一般のものより格段に質が高い

➡︎下に書いてありますが、広告宣伝費や人件費にコストがかからないので、製品力に力が入れられる。

原価率などをみると市販のものを買うより断然誠実だと思える。

というか市販のものが悪すぎるといったほうがいいかもしれません。

従来のビジネスと何が違うのか?

従来のお店では、店舗を構え、広告をだして集客し、従業員を雇って商品を販売します。

当然、在庫も大量に抱えなけらばならないし、広告費・人件費・テナント料などがかかり一つの商品を販売するのん膨大なコストがかかります。

ネットワークビジネスビジネスの場合も商品を流通させるという点では従来のビジネスと同じです。

違うのは、流通を起こす方法が人づての「口コミ」で行うことで人件費・広告費を抑えられること。

また商品は代理店になった個人が自分で購入して直接販売して得た利益がその人と紹介者、そして会社の利益になってきます。

そのため、自分でこの会社の商品を紹介して仕事にしたいと思えば、営業にかかる費用はすべて自分で負担しなければならず、また売れなければすべて自分にのしかかってくる言って見れば「完全歩合の営業」みたいなものです。

(厳密に言えば営業とはちょっと違うんですが・・・)

なぜネットワークビジネスは嫌われるのか?

これは説明が難しいんですが、やはり人に紹介していくことで、紹介者自身の利益のためという部分とあなた自身のためという部分の微妙な心の部分で、「どうしても引っかかってしまうところ」があるからではないでしょうか?

この何かひっかかる違和感こそあまり好まれない理由な気がします。

冒頭で私自身も「ネットワークについて話すけど、私はやってませんよ。」と断りを入れたのも「ネットワークをやってる人」と誤解されたくないからで、あえて断りを入れなければならない気持ちになってしまうところにその理由があるような気がします。

そもそもビジネスモデルとしては、コンビニや飲食店と同じような「フランチャイズ」のビジネスモデルに近く、仕事にしたいといった人が自分で在庫を仕入れて責任を持って商品を提供するといった形なので、別に商売としては至極まっとうなビジネスなんですよね。

そして自分からでた紹介者が立派に育てばその利益が上に入ってくるというのも、ビジネスとしてはごく当たり前のことです。

思い当たることを箇条書きしてみると

・ネズミ講と似ており、勘違いされやすい&イメージがすでに悪い

・楽してとんでもない大金が稼げるみたいに聞こえる。

・月収100万円越えするような俗に言う成功者と近い距離に入られるので、本人も簡単にできると勘違いしやすい

➡︎まあ勘違いしなければやってられませんが・・・

・実際やってみると思うようにうまくいかず、また紹介していく人も友人周りから当たっていくことになる。

・誘い方も下手くそでネットワークビジネスの評判自体もよくないので、友人から嫌われる。

・ビジネスモデルにワクワクして、紹介者や仲間との人間関係が良好なうちはいいが、うまくいかなくなってくると人間関係も徐々に疎遠になる悪くなってくる。

・低資金で始めているため、辞めるのも簡単。しかし、うまくいかなかった本人には後味の悪さが残る。

また周囲との人間関係も壊れなくとも、評判は少し落ちる。

・フランチャイズなど大きな資金ではなく、もともと独立願望やビジネスライクな人が始める訳ではなく、人から勧誘され、触発されているタイプがほとんど。

今のネットワークビジネスの問題点

・健康食品特にサプリメントなどが常識になりすぎて市場が拡大しすぎ。

・ネットワークビジネス業界全体の売り上げが減少傾向にある。

➡︎確か2兆円規模から今は7000億程度まで下がってたような・・・

・ネットワークビジネスのライバルは他のネットワーク会社ではなく、完全にインターネット通販

・インターネットではネットワークの商品が安く販売されている。

➡︎本物かは不明ですが、もし私がネットワークの商材を扱う通販ならまず本物を集めますね。

・新しいタイプのネットワークビジネスができているがそのほとんどが健康食品系。

・本当にネットワークビジネスで収益をあげようと思ったら、優秀なネットワーカーを勧誘する必要がある。

しかし優秀なネットワーカー古いタイプのネットワークを今からやりだすことはまずない。

ましてネットワーク初心者のダウンに付くなんてありえない。

よってダウンがほとんどネットワーク未経験者ばかりになる。

それでは仕事として収益を上げることが非常に厳しい。

・ネットワークビジネス初心者はできて友人周りを勧誘するしかなく、自分を含めてネットワークビジネスで成功できるレベルまで育つのに、1から頑張ると約3年かかる。

➡︎一流のネットワーカーに聞いた話ですが、成功するには「潜在意識レベル」で意識を変えていく必要があるので、その書き換えに平均3年ぐらいかかるとのこと。

・大抵の人はまず成功するまで頑張る動機がない。すぐに意欲が尽きる。

・その期間中に他のビジネスに誘われてフラフラする。

思いつくままに書きましたが、こんな感じでしょうか。

初心者は従来のネットワークビジネスでも始めて聞くとたいへん魅力的に感じてしまい、はじめは自分のために使い始めますが、少しずつチームに影響されビジネスを始めようとします。

しかし、例えばその商品に人生を救われるくらいの動機がないと、お金目的などではじめてしまえば、似たようなビジネスモデルでさらに魅力的に見えるものはたくさんありますので、今のビジネスが上手く行かなければすぐ別のビジネスに手を出しても仕方ないような感じがします。

未常識が常識に変わる瞬間にビジネスチャンスがある。

ネットワークビジネスといえば、ほとんどが健康食品、化粧品などにそのほとんどが日用品になります。

それは日常的に消費するものの方がネットワークビジネス特有の「権利収入化」しにくいため、ネットワークビジネスと相性が良いのです。

ネットワークビジネスの代表格であるアムウェイやニュースキンなどが日本に入ってきたときには、まだサプリメントなどが未常識といわれている頃で、それが今みたいに常識かされる瞬間に市場が一気に拡大されるため、ビジネスチャンスがあるのです。

結局すべてあなた次第!

私個人としては、特に「健康食品をはじめとするネットワークビジネス」はビジネスとしてもあまり魅力は感じていないです。

しかし、起業家志望や独立願望があり、いろいろな異業種交流会などに参加すれば、どうしてもネットワーカーには会うことになります。

またネットワークビジネスでいい点は、成功哲学とビジネスの基礎を学ぶことはできます。

セミナーなどに行けば、年収年百万といったビジネスで成功している人の思考や行動パターンは本当に学びになります。

もし、その会社の商品と、この人のようになりたいというのであれば、やってみる価値があると思います。

ネットワークビジネスはある意味こうやればうまくできるよ!という成功マニュアルと実体験があるビジネスモデルです。

言ってみればちゃんとやれば成功することは誰にでも可能です。

(でも時代の流れを見るとちょっと厳しい気がするな〜)

そのためネットワークビジネスすら一生懸命できない人が自分で一からビジネスモデルを考えて、仕組み化させて世に広めて発進していくことなんて到底不可能だと思っております。

個人的にはネットワークビジネスは成功哲学を学ぶ上でも登竜門的な感じがします。

見ている限り、ネットワークビジネスで成功している人はそのままそのネットワークビジネスで一生懸命仕事をし続けるか、また自分で新しいビジネスモデルを作って仕事を始めるかに分かれているような感じです。

なので、ネットワークビジネスをやっている人を見てもその取り組み方次第で周りから尊敬される場合もあれば、その逆もまたあるのです。

ネットワークビジネスはまさに伝える人の「人間性」が出るということです。

まとめ

小資本で自分のビジネスを持つことができ、成功者から直接学ぶ機会があり、成功マニュアルもある。

起業家にとって学びにもなるし、人生を変えるチャンスは少なからずあります。

しかし、ネットワークビジネスの現状や何も知らないままやってしまうとそんなに甘いビジネスではないよということは言っておきたいですね。

商品に魅力を感じているならあくまで自己消費に割り切った方が吉。

といった感じです。

というわけで起業家向けに一度「ネットワークビジネス」について書きたかったので、書いてみました。

書いてるうちにいろいろ書きたいことが出てきましたので、また別記事で書いてみたいと思います。

あまりまとまりがなくなってしまいましたが、参考になれば幸いです。

次はネットワークビジネスの仕事術についてご紹介します。

これは基本的なビジネステクニックはもちろん潜在意識の活用法まで書いてますのでかなり濃い内容ですよ。

【起業家必見】ネットワークビジネスから学べるとんでもない仕事術


お問い合わせ

ご興味を持っていただきありがとうございます。 お問い合せは、一番返信が早いのがFacebookになります。お気軽に直接メッセージください。 メールは[hodaka8866@gmail.com]までどうぞ。
【起業家必見】ネットワークビジネスから学べるとんでもない仕事術

面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

消防士になる人が読む本|只今無料キャンペーン実施中

防災王のサイトに書いてある内容をまとめました。

これでいつでも消防業務のマニアックな情報が学べます!!

12月29日まで無料ですのでお見逃しなく!!

電子書籍作家デビューしました。現在11冊出版!!

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

ブログを書いているうちに、電子書籍まで出せるようになりました。

当ブログでも人気の『消防』関連の電子書籍も出版しております。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者であれば「無料」で読めますので、よかったらチェックしてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。