「甘いお菓子」が肉体改造とダイエットのプラスになるただひとつの方法【成長ホルモンの秘密】

スポンサーリンク

甘党の方に朗報!!

どうも防災王の吉武です。

本日は甘いお菓子が筋肉発達とダイエットにプラスになる方法をお伝えします。

ダイエットに挑戦されている方で甘いお菓子が大好きな方ってたいへん多いものです。

まあ甘いものが好きでダイエットする必要になるからなんですが。。。

今回ご紹介するのは成長ホルモンのメカニズムを理解することで、甘いものを摂取するタイミングがあるということをお伝えします。

ウエイトトレーニングに取り組んでいる方の多くはご存知だと思いますが、成長ホルモンと男性ホルモンが筋肉を発達させるのに非常に効果的です。

甘いものを食べるとインスリンが分泌されます。

そしてインスリンは糖分を代謝する事と大きく関っているのです。

インスリンの働きは血液からグルコースを細胞内に移動させる働きをします。

しかしインスリンの働きはそれだけでは有りません。インスリンは実は「成長ホルモン」の一種なのです。

そしてこのインスリンが筋肉量増加に大きな貢献をしてくれるのです。

それ故筋肉を造る上で男性ホルモンや成長ホルモンと同じく重要なホルモンの1つなのです。

インスリンが分泌するタイミングをうまく利用することで筋肉の発達に大きな貢献をしてくれます。

そして筋肉量が増えると、基礎代謝が大きくアップしますので「ダイエット」や「太りにくい体質作り」にも非常に効果的です。

成長ホルモンの分泌はいつまでも若々しい肉体を作る(画像クリックするとAmazonページに飛びます。)

そもそもインスリンとは?

インスリンはすい臓のランゲルハンス島で造られ、食事後に分泌量が増えます。

インスリンの主な働きとして
・筋肉でブドウ糖からグリコーゲンの合成を促進
・貯蔵されているグリコーゲンが分解を抑制
・脂肪の分解を抑制
などが挙げられます。

インスリンと聞くと「血糖値」とか「糖尿病」を思い浮かべる方が多いと思います。

インスリンの量が少ないもしくはインスリンが分泌されても機能しないと、血糖が通常の状態を超え「高血糖」の状態が続きます。

この状態が「糖尿病」なのです。

インスリンは成長ホルモンで「筋肉発達」に大きな効果あり!?

「筋肉発達」に重要なホルモンは、多くの方がご存知の「成長ホルモン」と「男性ホルモン」そして「インスリン」になります。

筋肉トレーニング後の甘いものでインスリンを分泌させる。

インスリンの分泌は壊れた筋肉を作り、同時に筋肉の断裂を防ぐ事で、筋肉の発達に欠かせない存在になります。

通常インスリンは炭水化物を飲んだり食べたりすると分泌します。

甘いお菓子は通常であれば良くないものとされていますが、筋トレで筋繊維を破壊し、成長ホルモンが分泌されているタイミングで「甘いもの」と「プロテイン」を同時に摂取すれば「インスリン」の分泌でさらに「成長ホルモン」が分泌されます。

「ダイエット」や「健康管理」で良くないとされている「甘い糖分」もタイミング次第で「大きなプラス」になりうるのです。

「プロテイン」を摂取できればなおベスト!!

さらに筋肉を発達させたければ運動後に甘いもの(糖質)と一緒にプロテイン(たんぱく質)を一緒に摂ることをお勧めします。

ウエイトトレーニングに励んでいる方であればご存知の方は多いと思いますが、筋トレ・ウエイトトレーニングの直後

15分以内はプロテイン摂取の「プラチナタイム」
30分以内はプロテイン摂取の「ゴールデンタイム」
60分以内はプロテイン摂取の「シルバータイム」

だったかとにかく良いとされています。
(すいません、うろ覚えです。)

ようはトレーニング後に「糖質」と「プロテイン」を摂取することで最高の「栄養摂取」と「回復食」になるのです。

 

成長ホルモン分泌についての補足事項

※1糖質とたんぱく質の摂取は、少なくとも運動後1時間以内にしましょう!
それより遅くなるとインスリンの分泌がしにくくなります。
※2またウエイトトレーニングと有酸素運動を同時にする場合は、
ウエイトトレーニング➡︎有酸素運動の順番にしましょう!
先に有酸素運動をしてしまうと成長ホルモンが出にくくなります。
※3特に下半身の大きな筋肉に負荷を与えることで大量の成長ホルモンが出ます。
また加圧トレーニングやスロートレーニングを行うことでさらに大量の成長ホルモンを出すことができます。
関連記事

成長ホルモンがどばどば出る筋力トレーニングとは!?|スロートレーニングのススメ!

筋肉で体重を増やしたい人必見!!「体重増加には上半身重視より下半身重視で鍛えた方が効率的である。」
こうする事でインシュリンが分泌され、筋細胞内に炭水化物と同時にたんぱく質が取り込まれ、結果的に筋肉増強につながり、また同時にインシュリンがたんぱく質の分解を防ぐので、筋肉の発達が促進されるのです。

まとめ|筋肉の成長発達に良い環境を整えましょう!

筋肉の発達に「成長ホルモン」が大切なことはご理解いただけたと思いますが、それには正しい知識と正しい実践が必要になります。

成長ホルモンに良い環境とは、
・ウエイトトレーニングで筋肉に刺激を入れる。
・充分なエネルギー摂取:たんぱく質の摂取などを行う。
・充分な休養をする。
・成長ホルモンの分泌。

これら4つが「成長ホルモン」を分泌を促し、どれか1つでも不足すると他がだめになる可能性があるので、どの項目も大切にしましょう!

今回ご紹介した「甘いもの」を食べることで唯一「筋肉の発達」にプラスな方法というのも、「インスリン」と筋トレ直後成長ホルモンが出やすいことと合わせた理屈です。
本当は「甘いもの」特に「白砂糖」は腸を傷つけるため、やはり体に良いとは言い切れません。
(「白砂糖」の害に関しては多くのサイトに書いてあります。いずれこのサイトでも触れてみたいと思います。)

しかし甘党の方がいきなり完全に「砂糖断ち」することは厳しいものです。

なのではじめは週に1度しっかりと筋肉トレーニングした後だけ「ご褒美」として「甘いもの」を摂取するというのはいかがでしょうか?

そしてできればその時の甘いものは精製されていない上等な砂糖であることをおすすめします!

おすすめのサプリメントなど|画像クリックするとAmazonに飛びます。

和三盆|あの「美味しんぼ」の山岡も絶賛!

黒砂糖|精製されていない黒い砂糖は腸を傷つけないといわれております。

亜鉛


成長ホルモンを分泌させるサプリメント、DHCでの効果は十分実感できます。

シトルリン


男性ホルモン分泌に効果あり!

BCAA

効果なアミノ酸系サプリ その分即効性があります。

エビオス錠、天然ビール酵母


安くてめちゃおすすめ!!もっとも安価に大量の天然アミノ酸が取れます。

クレアチン


最大筋力アップに明らかに効果が体感しやすいサプリメントです。内臓に負担がかかりますので、摂取には注意が必要です。

グルタミン

この記事を読んだ方におすすめ!

成長ホルモンがどばどば出る筋力トレーニングとは!?|スロートレーニングのススメ!

筋肉で体重を増やしたい人必見!!「体重増加には上半身重視より下半身重視で鍛えた方が効率的である。」

スポンサーリンク

 

消防士向けの体力トレーニングの話




面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

【因みに…】

今日もブログを呼んで頂いて有難うございました!

私は消防士として社会人デビューをしましたが、30歳を機に退職しました。

今ではドローンを専門にした起業家として活動をしてます。

空いた時間には趣味のプラモデルをガッツリ楽しむなど好き勝手やってます笑。

とはいうものの起業当初はすぐに上手くいったわけではありませんでした。

起業家としてのマインドも定まっておらず

何から手をつけていいかも分からない状態でした。

今振り返ると無駄なことにエネルギーを使っていたなーとしみじみ思います笑

その時に起業家として先を走っている友人から

「面白いメルマガがあるぞ」と教えてくれたメルマガで

ビジネスの原則的なことやマインドに関して無料でかなり学べました。

わたしが書いたメルマガではありませんが

面白おかしくふざけた口調にも関わらずかなり本質的なことが書いてあるので

「自分らしく生きたい」という人は読んでおくといいと思います。

【推奨メルマガ(無料です)】

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。