便利屋日報|「ラーメン屋のチャーハンと半チャーハンはどちらがお得なのか!?」

便利屋日報|「ラーメン屋のチャーハンと半チャーハンはどちらがお得なのか!?」


本日のお仕事

どうも防災王の吉武です。

昨日は午前中は1件一般宅にてお仕事。

午後からは名古屋まで不用品の処分に行きました。

便利屋日報|「半チャーハンとチャーハンはどちらがお得なのか!?」 便利屋日報|「半チャーハンとチャーハンはどちらがお得なのか!?」

よくこんなに乗るよな(⌒-⌒; )

夜はデザインの仕事

便利屋日報|「半チャーハンとチャーハンはどちらがお得なのか!?」

コインランドリーののぼりデザインですが、フォントに苦戦してます(⌒-⌒; )

ランチは麦笑へ

便利屋日報|「ラーメン屋のチャーハンと半チャーハンはどちらがお得なのか!?」

お昼は前から気になっていた名古屋のラーメン麦笑へ

はじめ「むぎわら」と読んでおりましたが、「ばくしょう」と読むみたいです。

ラーメン+半チャーハンセットを注文!

便利屋日報|「ラーメン屋のチャーハンと半チャーハンはどちらがお得なのか!?」

ラーメンは「にんにく」が大量に入っており、かなり濃厚なスープで美味しかったです。

通りかかるたび大学生が行列作って並んでいたので気になってましたが、とても美味しかったです。

便利屋日報|「ラーメン屋のチャーハンと半チャーハンはどちらがお得なのか!?」

チャーハンと半チャーハンってどっちがお得なのか?

いつも思うのですが、

「チャーハンと半チャーハンってどっちがお得なのか?」

正直、チャーハンの方が量がお得だと思っておりました。

気になってたんですが、こんな動画を発見!

https://youtu.be/RktuWvZekHs

お店にもよりますが、どうやら半チャーハンの方がコストパフォーマンスがいいお店が多いみたいですね。

たしかにお店側からすれば、半チャーハンで少なく作りすぎるとお客様の満足度が下がりそうなので、ちょい多めに米とか盛った方がお得感がありますよね。

これからは半チャーハンで行こうと思います。

本日の防災格言

自宅にも 勤務先にも 水食料

あなたの便利屋防災王 仕事のご依頼はお気軽にどうぞ!

愛知県刈谷市を中心に地域密着型の便利屋業を営んでおります。

あなたの便利屋防災王はみなさまの暮らしのお困り事また仕事のお困りごとを解決いたします。

便利屋業といっても基本的には頼まれごとはなんでもやります!というスタイルでお仕事させていただいております。

愛知県刈谷市を中心に、県内はもちろん日本全国、必要があれば海外まで飛んでいきます。

便利屋のお仕事は1つの事だけではなく、多種多様なご依頼を同時にお受けする事が多いです。お客様にとって便利にお使い頂くことができるように日々仕事の技術を磨き、ニーズにあった専門スタッフを用意しております。

自分では出来ない事、人に頼みづらいこと、忙しい時、遠くて行けない時など便利屋防災王をご活用ください。どんな些細な事でも遠慮なくご相談ください。

引越し後の不用品の運び出しのお手伝いやお墓参り代行など変わった仕事から、企業さまのお仕事のお手伝い・営業代行からホームページ制作など、目の前のお客様の笑顔のために全力を尽くします。
あなたの便利屋防災王〜サービス内容一覧はこちらをクリック!〜

名刺作成の詳細はこちら!

インパクト名刺制作承ります。

お問い合わせ

ご興味を持っていただきありがとうございます。 お問い合せは、一番返信が早いのがFacebookになります。お気軽に直接メッセージください。 メールは[hodaka8866@gmail.com]までどうぞ。
便利屋日報|「ラーメン屋のチャーハンと半チャーハンはどちらがお得なのか!?」

面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

消防士になる人が読む本|只今無料キャンペーン実施中

防災王のサイトに書いてある内容をまとめました。

これでいつでも消防業務のマニアックな情報が学べます!!

12月29日まで無料ですのでお見逃しなく!!

電子書籍作家デビューしました。現在11冊出版!!

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

ブログを書いているうちに、電子書籍まで出せるようになりました。

当ブログでも人気の『消防』関連の電子書籍も出版しております。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者であれば「無料」で読めますので、よかったらチェックしてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。