防災王10話 1日前プロジェクト「災害の1日前に戻れたらあなたは何をしますか??」

10

東日本大震災からちょうど5年。

災害は時として大きな被害をもたらす。

それは「想定してなかった」ことが起こるからである。

想定されていたことが起こるなら、

それに対して十分な準備もできる。

対策をすることもできる。

想定もしていないことが起こるため、大きな被害が出てしまう。

しかし、想定もしていないこと、経験もしていないことに対してあらかじめ準備をしておくことは簡単なことではないです。

ではどのように対策をすれば良いか??

まずは災害について学ぶことである。

これまで起きた災害から学ぶことによって、これから起こりうる災害のシュミレーションができます。

「1日前プロジェクト」

地震や災害に遭った人にもし災害に遭う1日前に戻れた何をしますか??

という問いかけをしたプログラムです。

こちらのサイトにたくさんのこえがあります。

内閣府ホームページ「1日前プロジェクト

災害が起こる前に自分には何ができるのか?

日々、情報を学び、何が起こりうるのか想像力を鍛えることで何をすべきか行動できるはずです。

今一度行動してみませんか?

お問い合わせ

ご興味を持っていただきありがとうございます。 お問い合せは、一番返信が早いのがFacebookになります。お気軽に直接メッセージください。 メールは[hodaka8866@gmail.com]までどうぞ。
10

面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

消防士になる人が読む本|只今無料キャンペーン実施中

防災王のサイトに書いてある内容をまとめました。

これでいつでも消防業務のマニアックな情報が学べます!!

12月29日まで無料ですのでお見逃しなく!!

電子書籍作家デビューしました。現在11冊出版!!

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

ブログを書いているうちに、電子書籍まで出せるようになりました。

当ブログでも人気の『消防』関連の電子書籍も出版しております。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者であれば「無料」で読めますので、よかったらチェックしてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。