マカオタワーで世界一のバンジージャンプを体験した話

DSC_8399

「吉武さん、香港行くついでにせっかくなのでマカオまでいきませんか??」

 

友人と香港までHSBC銀行開設など金融関係で行った際、せっかくなので観光にとマカオへ行くことを勧められました。

 

自分「ふ〜ん、別にいいけどマカオに何かあるの??」

 

友人「有名なのはカジノとあとはそれからマカオタワーからバンジージャンプなんてものが有りますよ!」

 

正直、カジノとかギャンブルには一切興味がない自分でしたが、世界最高のバンジージャンプと聞いて胸が高まりました。

 

自分「それめっちゃ面白そうじゃん!!それ俺絶対飛ぶわ!!」

と2秒で即答!

誘った友人も巻き込み、一緒に飛ぶことに!

香港マカオツアーはバンジージャンプが一番のイベントになりました。

マカオタワーとは!?(Wikipediaより記載)

マカオ・タワー(マカオタワーコンベンションアンドエンターテイメントセンター、繁体字: 澳門旅遊塔會展娛樂中心、英文表記: Macau Tower Convention & Entertainment Centre)は、中華人民共和国の特別行政区、マカオに位置する塔。地面から最頂部まで、タワーは338メートル(1109フィート)の高さを誇る。棟には全景を見渡せるデッキ状の展望台部分やレストラン、映画館、ショッピングモールが設けられており、外縁を探索することが可能な「スカイウォーク・X」と呼ばれるツアーも用意されている。タワーはマカオの景色を一望できる最良の場所であり、近年は多くの冒険的な活動に用いられている。特にタワーの233メートル地点からは、タワーに繋がれる「スカイジャンプ」や、ニュージーランドの実業家、A・J・ハケットによるバンジージャンプを、世界で最も高い展望台から楽しむことができる。[1]タワーはクレイグ・クレイグ・モラーの建築会社によって建てられた。
タワーは世界大タワー連盟に加盟する建造物の一つである。さらに、展望や娯楽に使用されるタワーは、電気通信や放送を目的としても使われている。

てなかんじです。(あんまよくわからないですね(⌒-⌒; ))

香港から船でマカオへ入国!(1、2時間ほどで到着します。)

到着後、観光に行く仲間とバンジー組に別れ、自分は早速マカオタワーへ向かうことに。

タクシーの道すがら、徐々にタワーの全貌が明らかになります。

220px-Nightview_of_mtower

初めて遠くからタワーを見た感想は

「おいおいマジかよ。あそこから飛ぶなんて自殺するようなものやん!」

想像以上の高さと迫力に勢いだけでやると決めたことを若干後悔しておりました。

マカオタワーに侵入し、展望台のあるフロアまでエレベーターで。

「命がどうなっても知りませんよ」的な誓約書を書かされ、受付終了!!

あとは出番を待つだけなんですが、ここが一番怖いんです。

飛んでるところを目の当たりにしながら、恐怖で飛べなくなったりする人もで出て、すぐにでもバンジーさせてくれればいいのに下手に待ち時間が長いため、あれやこれや余計なことを考えてしまいます。

一緒に飛ぶ友人の顔を見るともう真っ青!!

「大丈夫か!?こいつ」と思いながらも自分も人のことは言えない状態だったらしいです。

DSC_8365

ちなみに直前の自分ですが、なんでしょうこの顔は?(⌒-⌒; )

(ある種、清々しい顔をしてます。)

ちなみにこんな感じで全身がんじがらめに拘束具をつけ、足にも結構な重量の鉛のようなものを巻かれます。

さていよいよ自分の番!ということで、係りの人からカウント5で飛ぶように言われ、準備万端!!

正直、自分のタイミングではなかなか怖くて飛べない上、次に飛ぶ人がたくさんいるので係員からのカウントダウンは正直かなりありがたかったです。

ここまでくると飛ぶしかないと逆にあまり恐怖心は待機中よりもなかったですね。

そんなわけで行ってまいりました。

DSC_8386 DSC_8394 DSC_8395DSC_8396DSC_8397DSC_8398DSC_8399DSC_8400DSC_8401DSC_8402DSC_8403DSC_8404DSC_8405DSC_8406DSC_8407DSC_8408DSC_8409DSC_8410DSC_8411DSC_8412DSC_8413DSC_8414DSC_8415DSC_8416DSC_8417

スタッフがこんな感じで連続写真を残してくれているので、並べると結構面白いですね。

飛んでみた感想は、ジェットコースターに近い感じで下に落ちきるまで約3〜5秒ほどだと思うのですが、すごい勢いで地面が近づいていきます。

 

まさに「うお〜!!」という感じなのですが、思った以上の迫力ではありませんでした。

今思うと拘束具に抵抗がかかっているので速度もある程度調整されていると思います。

バンジーのゴムはものすごい伸縮性でなんでもビヨンビヨンと伸びたり縮んだりを繰り返し、この時の方がもろに自分のいる高さを体感するので怖かったです。

さらに拘束具が股間に食い込むので結構痛いです。

(動画でち丸こ痛いとか言ってたような気がします。)

体の揺れが収まるとそのまま地上のマットまで降ろされ、係員から拘束具を外してもらいます。

再び展望台までエレベーターで登り、写真と動画データとTシャツを受け取り無事終了!!となります。

マカオタワーではバンジージャンプの様子を写真だけでなく、動画でもとってくてたりします。

このページに貼ってある写真と動画は撮影していただきUSBケーブルにして渡してくれるのだが、プラス1万円近くとかなり商売上手です。

せっかくなので頼んでみましたが、こんなカンジの動画になります。

まあ世界最高と言われているものですので、間違いなく一生の思い出にも残ります。

正直、拘束具がかなりしっかりしており、速度なども調整されているのでいるのでバンジージャンプというよりこういう遊園地のアトラクションもあるよ!というのが自分の感想です。

マカオに行ってみた際は挑戦してみてはいかがでしょうか?

(次、飛ぶ時は、背面から飛んでみせます!!)

IMG_1882

余談ですが、その後はみんなでカジノに行きました。

自分はギャンブルはしないので、雰囲気だけ楽しんでいたのですが、案の定みんな負けてました。

ディーラーの前で日本語で作戦会議したり(ディーラーは日本語わかると思います。)、普通にやればいきなり来た素人は99%負けるでしょう!!

ただし明らかな素人相手には最初2回ほどわざと負けて相手をいい気分にさせてくれているので、そこで止めれば逆に稼げるんじゃないかとも思いました。(もちろん続行し続ければ負けます!)

IMG_1878

 

 

お問い合わせ

ご興味を持っていただきありがとうございます。 お問い合せは、一番返信が早いのがFacebookになります。お気軽に直接メッセージください。 メールは[hodaka8866@gmail.com]までどうぞ。
DSC_8399

面白かったらシェアしてね〜〜〜〜〜〜〜!

消防士になる人が読む本|只今無料キャンペーン実施中

防災王のサイトに書いてある内容をまとめました。

これでいつでも消防業務のマニアックな情報が学べます!!

12月29日まで無料ですのでお見逃しなく!!

電子書籍作家デビューしました。現在11冊出版!!

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

ブログを書いているうちに、電子書籍まで出せるようになりました。

当ブログでも人気の『消防』関連の電子書籍も出版しております。

Kindleアンリミテッド登録者なら無料で読むことができます。

Kindleアンリミテッド登録者であれば「無料」で読めますので、よかったらチェックしてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

防災王ほっくん

吉武穂高(よしたけほだか)1984年3月28日生まれ。 地元愛知県で7年間消防職員として働いたのち30歳で独立。「楽しい地域防災」をテーマに便利屋業、WEBデザイン制作、イベントプロデュース・ドローンなど様々事業からアプローチし、人と地域を繋げる町づくりを手がける。